御柱、新聞に載る。

詳細は、おいおい。

広告

御柱。

何とか無事に起きることも出来、朝集合場所の船倉前へ
6時20分予定だったけど、少し早めに

20人くらいが集まり、木遣り師による木遣りと御神酒を頂き6時30分に出発
やっぱみんな疲れている。そりゃそうだ

7時に現地到着
すでに他の町会のメンバーも大勢来ていた

畑に置かれている御柱を、各町会の”てこ”を行うメンバーにて道へ下ろす
そして、引くための綱が取り付けられ、それらしい風貌に変わっていく
飾り付けが終わったところで、挨拶

ここの地区、御柱は2本
そのうちの一の柱を俺たち5町会で担当する

さて、お宮に向けて出発。距離的には1kmないと思う

皆定位置に付き、青年年長5名のかけ声を合図に皆で引く

お宮までの間に3回の休憩が有り、そのたびに”木遣り”を行う
俺がやるのは、3回目の休憩の時

休憩1回目
休憩2回目

そして、いよいよ3回目の休憩
木遣り師が一通り行ったあと、自分の番が回ってきた

腹をくくって、柱の上に乗る

で、一生懸命考えた木遣り唄を唄った

こんな感じ


木遣り皆様ごめんなよ~
地震、津波と原発で~
つらく悲しい日々だけど~
どうかこの唄 聴いとくれ~
家族仲良く、手をつなぎ~
そしてたまにはケンカする~
そんな当たり前の毎日が~
そんな当たり前の日常が~
実は奇跡であることを~
今こうして 気づいたよ~
神よどうかお願いだ~
もう涙はたくさんだ~
御柱しっかり建てるから~
輝く未来を お願いだよ~ 

本当は、もっとまじめだったり、エッチだったり、おもしろおかしく唄ったりするんだけど、ひとりくらいこういうのがいてもいいかなぁ…って思って

同じ町会の木遣り師さんからは、優秀賞って言ってもらえたし、太鼓一緒にやった小学生からも”良かった”って言ってもらえたから、まぁ良しとする

でもさ、本当にホッとした

いい加減にやるわけに行かないし

その後、お宮に到着し皆でお昼

お昼のあとは、その柱を建てる

基本的には、機械で建てるから見てるだけなんだけど

でも、これまでのこといろいろ考えながら、まっすぐになるのを見ていた

無事に立ってから、建立式をやって今日やることは終了

みんなで家路に

と言うことで、御柱終わり

何時頃だったかな、家に着いたの

でも、終わった。長かった…3日間

難しい…。

5日に地元で『御柱』があるんだけど、そこの”木遣り”で唄う”詩”をずっと考えてる。

みんなに元気になって欲しい。

みんなに優しい気持ちになって欲しい。

そんな事想いながら。

 

木遣り皆様ごめんなよ~

ってね。