中立なのは、優柔不断なのだろうか。

原発に反対、再稼働させる理由はひとつもない…。

そう言いながら、原発から離れた地域でもデモ行進が行われている。

それだけ反対するのだから、きっと家庭や職場での節電も他とは比べものにならないくらい頑張っているのだろう。

どんなものなのかちょっと聞いてみたい。

まさか、それはそれ、これはこれ…なんて言うわけはないだろうから。

広告

最後の日曜日。

男子バレー、少し残念な結果に終わった。

オリンピックに行けないのは結果として受け止めるとして、次につながるものが見えないように思えたからだ。

日本は、弱い。

これは事実だ。

しかし、そう思っていない人がたくさんいるような気がする。

これは、日本以外(つまりアウエー)で試合をしてみたらすぐにわかることだろう。

ではどうするか。

弱いことを認めることだ。

それによって、自分の進退からすべてひっくるめて考えることができる。

日の丸を背負っている責任、それは我々一般の人間には理解できないだろう。

だからこそ、気づいて欲しい。

とにかく今、ひとつのミスを”ま~これは仕方ない…”などと、つまらない慰めによって葬り去ることができる生ぬるい環境である以上、今よりも上には上がれない。

私はそう思う。

 

そう自分に言い聞かせる。

頑張れ、俺。

あとひとつ?

男子バレー、今日勝って望みをつないだ…となっているけど、明日勝てばオリンピックに行けるのだろうか?

同じような勝ち点ばかりで、なんか怪しい…。

でもまぁ勝ってから考えればいいのか。

やる前に、勝ってもダメって言われないように祈っておこう。

頑張れ、ニッポン!

とりあえず、良かったニャー。

今朝、ゴミの収集場所に野良猫の死骸が捨てられていたと親父から聞いた。

しかも、夕飯時、我が家のお勝手口に毎日顔を出している猫にそっくりだったと。

さぁいけない。

久しぶりに落ち込んだ。

昼間、何をやっても気が入らない。

 

そして夕方、いつもより早くその猫が顔を出した。

いつものように、ニャーと鳴きながら。

かみさんとふたりでホッとした。

ネガティブ・シンキングから抜け出すに方法とは。

それは、自己暗示。

・3Aが道を開く

焦らない・慌てない・あきらめない

・悪いことが続くのは、よいことが起こる前ぶれ

・春の来ない冬はない

朝の来ない夜はない

そして、

合格しない試験はない。

 

ポジティブに物事を考えることは、それほど難しくはないのかも。

人口が多いと、やっぱ強い。

男子バレー、中国に敗れてしまった。

誰かが言った。1億ちょいの中から選ばれた選手と、数十億の中から選ばれた選手と戦ったら、どっちが勝つかは目に見えている、と。

だとしたら、いつまで経っても中国には勝てないと言うことになる。

それはそれで悔しい。

誰か、違うこと言うことを証明して欲しい。

頑張れ、ニッポン!

ホッとした。

男子バレー、フルセットの末なんとか韓国に勝利した。

世界ランキングによれば、日本の方がいくらか上にいるとのこと。

でも、あまり関係ないと言うことが、よくわかった。

次は中国。

ランキングは、日本の遙か上。

関係ない…と行きたいところだけれど、そうは問屋は卸してくれないのだろう。

頑張れ、ニッポン!