裁判員じゃなくて…。

先日送られてきたもの。

封筒には『信州型事業仕分け・県民判定人候補者通知書在中』って書いてある。

県内在住の18歳以上の人から、4,000人を無作為に選んで送付したんだとか。

ってことは、当たったって事?笑

 

そもそも、『信州型事業仕分け』ってなにかって?

基本的には、蓮舫さんがやっていた『事業仕分け』と一緒で、それと同じようなことを長野県でもやってみようということ。去年から始まった。阿部長野県知事が公約として掲げていたから。

実際に作業をする仕分け人とは別に、同じ会場にてその様子を見守る?のが今回送られてきた『県民判定人』だということみたい。

封筒の中には、仕分け会場のいすの配置の図まで入っていた。

詳細は、コチラまで。

 

実際の仕分け作業は、9月頭の3日間。報酬は、交通費のみ。
1日約8時間拘束されるようで、お昼は手弁当。

参加したい人は、7月頭までに返事をする。返事しないと、自動的にキャンセル扱いになる。

さて、どうしたものか。

会場は2カ所あるんだけど、どちらも車で1時間以上かかる。

そして、会場に入りたくても入れない人もいる。

もう少し考えてみようかな…。

 

ちなみに、この件を公表することは問題ないようです。

広告

コメント / トラックバック6件 to “裁判員じゃなくて…。”

  1. マリン Says:

    それだけ拘束される上に報酬は交通費だけなんて。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
    一時間もかけて行きたくない ニゲロ-=≡ヘ(* – -)ノ
    っていうのが私の考えです。あくまでも自分の判断で!!

  2. leagalfish Says:

    長野県やるもんですね。
    長野地裁管内は広さと交通の便の悪さで(失礼)、
    北海道釧路地裁の次の次くらいに裁判員裁判で苦労しているらしいのにね。
    でも、司法も行政も国のやることって、旅費法で縛られているから、交通費だけ手弁当って・・・
    何だか不思議です。

  3. フォレ Says:

    こんばんは~~
    信州型、ってのが何ともステキです。
    マネ、では無く良い物は何でも取り入れた方がいいですよね~~
    でも、仕分け人とはストレスがたまりそうな役目ですねぇ~><。
    それを見守る……実際のやりとりを傍聴するだけでも貴重な経験かもですね!

    • すけけん Says:

      フォレ さん
      素敵? ここは、なんでもかんでも『信州』ってつけたがります。
      少し前、田中康夫知事の時、『信州県』にしようって話しが出てきたくらいですから。

      で、どうなりますか…。真似って結構難しいんですよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。