季節限定の「落日ショー」。

毎年この時期になると、近所が騒がしくなる。

北アルプスの槍ヶ岳(3,180メートル)の穂先に貫かれるように夕日が沈む、そんな雄大な光景が観られるため。

場所は松本市の東部。

毎日、大勢のカメラマンが訪れている。

新聞にも、毎日記事(撮影ポイントまで)が載る。

高い山に登ることをしなくても、本当に気軽にこんな写真が撮れてしまう。

気になる人は、お早めに。

写真コンテストで、いいところ行くかも知れないから。