根岸さん、やっぱ違う。

『人類の必要な営みの副産物としてCO2を出している。しかし、温暖化を防ぐためCO2を出さないようにしようというのは人類にとって重要な化学反応を抑えるのと同じだから、非常に消極的な考え方だ。

CO2はわれわれに必要な究極の有機物質、有機化合物の炭素源だ。温暖化を何とかせざるを得ないので(CO2排出量削減という)おかしな方向に行っているが、科学者が百八十度切り替え正しい方向にもっていかなければならない

なんかワクワクした。

広告
カテゴリー: 時事・ニュース. タグ: . 2 Comments »

コメント / トラックバック2件 to “根岸さん、やっぱ違う。”

  1. leagalfish Says:

    人間の必要な営みの副産物として・・・本当にそうです。

    道東の人口3000人の町(牛は1万頭を超えています)で酪農をやっている友人が、「牛の呼気、ゲップ、おならなどに含まれるCO2や発酵ガスも地球温暖化の原因」とのアメリカの記事に「ゆゆしい問題」とコメントした経済評論家に怒っていました。「その肉を食べ、乳を飲み、これらの命の加工品を摂取して生きてるってことを忘れたらだめだべや」と。

    地球の生命の根源を忘れて、温暖化防止のために排出量を売り買いするとか、CO2の発生源は人間だけではないとかいうような責任転嫁とか他罰的な感覚にだまされてはいけないと思うのです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。