UFOって聞くと日清を思い出す?

と言うことで、今年もやったみたいです。

我が松本にあるFM長野放送局の年一スペシャル番組。

その名も「FM長野超常現象スペシャルTHE U・F・O~CHANGE」!

その名の通り、UFOを呼んじゃおうって言う物。

今年で4回目くらいだと思うけど、毎年結構な騒ぎで実施されているんです。

これ、生放送だって言うんだからさらにびっくり。

残念ながら未だに出現まで至っていないみたいだけど、必ず会えることを信じて来年もやるんだとか。

良い年した大人が…。

 

きらいじゃないけど(笑。

カテゴリー: 日常. 6 Comments »

Hotmail仕様変更に対応するために

この9月1日より、メーラーを使ってのHotmailへのアクセス方法が変更になるようです。
今までOutlookExpress等を利用しDAVアクセスを行っている方は、必ず設定を変えなくてはいけません。メールの送受信が出来なくなります。
参考までに、その手順を書いてみます。
この方法はOutlookExpressに関してですが、他のメーラーを使っている場合でも同じように設定することで対応可能です。

■Hotmail の新しい接続方法 (Outlook Express をお使いの場合)
Hotmail へのアクセスに Microsoft Outlook Express をお使いの場合は、無料の Windows Live メール プログラムをインストールする (推奨) か、DAV の代わりに POP3 (Post Office Protocol 3 の略。メール サーバーから電子メールを取得するために使用されるプロトコルです。) プロトコルを使用するように Outlook Express の設定を変更する必要があります。

●Hotmail 用の POP3 アカウントを Outlook Express に追加します 。

<<重要>>
DAV と POP3 の間にはいくつかの違いがあります。たとえば、Outlook Express で電子メール メッセージを読んでも、そのメッセージは、Web 上の Hotmail アカウントではその後も未開封と表示されます。また、Outlook Express には、Hotmail の受信トレイにあるメッセージだけが表示されます。他のフォルダーやその中に保存されているメッセージは表示されません。

1.Outlook Express で、[ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
2.[追加] をクリックし、[メール] をクリックします。
3.名前を入力し、[次へ] をクリックします。
4.Hotmail の完全な電子メール アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。
5.以下の情報を入力し、[次へ] をクリックします。
 a.[受信メール サーバーの種類] ボックスの一覧の [POP3] をクリックします。
 b.[送信メール (SMTP) サーバー] ボックスに「smtp.live.com」と入力します。
 c.[受信メール (POP3、IMAP または HTTP) サーバー] ボックスに「pop3.live.com」と入力します。
6.Hotmail アカウントのアカウント名とパスワードを入力します。他のユーザーと共有しているコンピューターでは、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオフにしてください。[セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) を使用する] チェック ボックスは必ずオフにしてください。
7.[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
8.[インターネット アカウント] ウィンドウの [メール] タブで、追加する Hotmail アカウントをクリックして、[プロパティ] をクリックします。
9.[詳細設定] タブの [サーバーのポート番号] の下で以下の情報を入力し、[OK] をクリックします。
 a.[受信メール (POP3)] ボックスに「995」と入力します。
 b.[送信メール (SMTP)] ボックスに「25」または「587」と入力します。
 c.[送信メール (SMTP)] と [受信メール (POP3)] の下にある [このサーバーはセキュリティで保護された接続 (SSL) が必要] チェック ボックスをそれぞれオンにします。
 d.Web 上、携帯電話、または別の電子メール プログラムで Hotmail を使用するときに過去の受信メールを参照できるようにしたい場合は、[配信] の下にある [サーバーにメッセージのコピーを置く] チェック ボックスをオンにします。既定では、Outlook Express でメッセージをコンピューターにダウンロードすると、そのメッセージは Hotmail のサーバーから削除されます。
10.[閉じる] をクリックします。

このようなことが面倒だと思うのであれば、思い切ってWindowsLiveMailを導入してしまうという手もあります。
これであれば、それほど考えることなくHotmailに対応してくれますので。