ドッジボール大会を振り返って。

”審判やってくれない?”

数週間前、ソフトバレーの大会の役員慰労会でふと言われたひと言。
聞けば、地区の育成会が主催する小学生のドッジボール大会での審判との事。
この日ソフトバレーの主審もやってきたし、気持ち的に大きくなっていた自分もあったしで、軽く「良いですよ。」と答えたことで、日常に変化が起きた。

まてよ…。ドッジボールってどんなルールだったっけ???

試合前一週間くらいになって、少し不安になってきた。
よくよく考えたら、小学校以来ドッジボールなんかやったことない。つまりそのブランク30年くらい。
とりあえずネットでルールを探し、端から目を通す事にした。

同じ町会の小学生チームのコーチをしている方にもルールの事で少し教えてもらいながら、なんとか審判が出来るんじゃないかな?のレベルにまでは来たつもり。

よし、後は当日。なるようになれ…。

試合当日、深夜からの雨が上がらない。予定では、体育館とグラウンドを使っての大会のはずだったが、雨が降ってしまった事で体育館のみを使用したスケジュールに変更され、試合も高学年のみになった。

え、ローカルルール???

審判は2試合目だったので、とりあえず1試合目は見学。
とりあえず審判の動きを見ていようと思った。
しかし…、あれ?あれ?あれ~???

2人続けてボールに当たったら、ダブルアウト? つまり、オッケーって事?
いや、公式ルールは2人目はセーフのはず。

外野でのパス回し、普通にやってる…。
これも公式ルールでは、だめなはず。

も、もしかしてこれがローカルルールなのかな…。
公式ルールの抜粋を見ていた関係で、かなり戸惑った。でも、そんな事言っていられない。なじまないと…(笑。

で、いよいよ本番。

まずは副審でスタート。
選手の人数と試合時間(8分)の管理をしながら、主審が見落としたアウト選手のフォローなどを行なった。

主審をやってくれた人も、この道3年くらいとの事だったので、デビューだと言う事を話していろいろ教えてもらいながら行なうことが出来た。

あっという間だったけど、いろいろ勉強でき自分に少しだけ自信もついた。
この後全部で4試合くらい担当をしたが、それなりになっていたんじゃないかと思う。

今回、審判団を悩ませたのが、ラインを踏む行為。アタックをかける際に勢いあまってラインを踏んでしまう。これは、どこまでをファールとするのかが審判の判断にゆだねられた。
この大会のルールには踏み越しはダメと書かれている。つまり、踏むのは見逃すという意味だと。この判断も結構難しいものがあった。

ただ、周りで見ている父兄からは”xxちゃん、ライン気をつけて~!”と、自分のチームに対する注意の言葉がたくさんあり、相手チームのファールを持ち上げるような言葉がほぼ無かった事が正直すばらしい事だと思った。

小学生のスポーツだ…なんて高をくくっていると、痛い目に合いそう。

当初、小学生のお遊びかな?なんて思っていた事、ものすごく恥ずかしい。
本人達の一生懸命さ、本当に驚かされたし、審判も真剣にやらなければいけないと実感させられた。

反省会の巻き…。

夕方4時から主催主要メンバーおよび審判が集まり、反省会と言う名前の慰労会が執り行われた。
当日を迎えるにあたりの苦労話から、晴れたらどうなっていたんだろうかの正直不安だった話までいろいろ聞く事が出来た。
自分はたまたま審判の頭数だったので、この日だけの事を考えればいいんだけど、主催メンバーは相当な苦労があったはず。
本当にお疲れ様でしたと言いたい。

最後に

久しぶりに朝から晩まで、とても充実した1日を過ごす事が出来た。
こんな大きな大会に少しだけどお手伝いできた事、誇りに思う。

来年はどうなるか分からないけど、声を掛けてもらえるのならぜひ参加させてもらいたい。

楽しかった。本当に。
選手,役員,父兄,みんな、お疲れ様でした!

広告
カテゴリー: 行事. 6 Comments »

コメント / トラックバック6件 to “ドッジボール大会を振り返って。”

  1. 盛人 Says:

    こんばんは。
    ドッジボールの主審、これもまた大変ですね。
    私の子供も、野球を始める前に少しだけドッジボールをしていたことがあります。
    確かに、私たちが子供のころに慣れ親しんでいた「ドッジボール」から比べると、
    格段に競技性が上がっていて、
    試合に出ている子供はもちろん、指導者、保護者も本当に真剣そのものでした。
     
    私も野球の審判をさせてもらっていますが、
    ひとつのボールを中心にしてゲームが進むという点では同じかもしれませんが、
    野球に比べて、競技としてのドッジボールは一般的になじみが少ない分、
    大変でしょうね。
     
    またきます。
     
     

  2. ししゃも Says:

    こんばんは、ししゃもです。お邪魔します!
    ドッジボール。。あえて打つとドッチボールじゃないんですね(--〆)  私も真面目な
    ルールなんて知りません。いやぁ、懐かしいです (~_~;)  そういや、小学生の頃、ドン
    臭い私は男子の投げるボールを顔面で受け取った思い出が。。痛かったぁ。。

  3. すけけん Says:

    みづきさん、こんにちは。
     
    審判のジャッジによって勝敗が変わってしまうこともありますよね。その辺を意識して取り組んでいこうと思っています。
    ドッジは1年後ですが…(笑。
     
    ん?ブログ引っ越しされるのですか?
    私もアメブロやらそのほかにも持っているんですけど、こっちのLiveにまとめてしまいました。
    楽なので。

  4. すけけん Says:

    ししゃもチャンさん、こんにちは。
     
    大会でも、女の子顔に強い球を受けて泣き崩れてしまうシーンがありました。
    首から上は当たってもセーフとなるのですが、当てられた本人はたまったモンじゃないでしょう。
    わざとではないにしても、当てた方も落ち込んでしまったりするんでしょうから。
    小さい身体でいろいろ経験して、大変ですねきっと。

  5. まま Says:

    審判お疲れ様でした。 地域とのつながりを大切になさっているのですね
    私は球技は苦手・・・ボールが怖い
    卓球 ボーリング くらいなら参加しても大丈夫!

  6. すけけん Says:

    ままちゃんさん、こんにちは。
     
    大切かどうかは微妙ですけど、誰かがやらなくてはいけないことだと思っていますので、まぁ出来ることはやってみようかな…程度です(笑。
    本当の目的は、終わった後の慰労会かもしれません。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。